Monday, August 28, 2006

新卒と内定

一発で内定をもらい、幸せな就職をするためにはどうすればいいのかな?
実は、上手く書けた新卒の履歴書ほど強い武器はないのだよ。
それでは、新卒の履歴書を書くときに注意すべきこととは、いったい何なんでしょう?
新卒の履歴書の自己PRはリアルな体験をもとに書き、志望動機はくどくならないように書くということだ重要だよ。

新卒の履歴書の志望動機欄は、自分の仕事に対するヤル気を見せる絶好のステージ。好印象を与える内容で自分を売り込みましょうね。
あまり知られていないことかもしれませんが、新卒の履歴書は入社後も残る資料ですので、おろそかに書かないことだよ。

面接に関するノウハウはあまり出回っていませんので、難しく感じる志願者も多いでしょう。
人によっては緊張しすぎで、質問の返答で何を言っているのか意味不明なこともあるようだよ。
それでは、面接では、特にどんな点に気をつけたらよいのかな?
どういったことが質問されやすいか、予測できるところは徹底的に回答を練り上げるとよいでしょう。

就職活動では、あなたが主役、あなたが商品だよ。新卒の履歴書の自己PRで、自分自身を優れたものとして、企業に売り込む必要があるよね。そのためにも、自己PRのテーマ選びは真剣に考えましょう。
あなたが書くべき志望動機/自己アピールは、たとえ経歴や学歴に自信がなくても熱意と能力によっては採用される可能性も十分あることを覚えておきましょう。

果たして理想的な就職ができるのだろうかと不安になる日々もあると思います。
緻密な就職活動の進め方をしておいても、どこかでつまずくことも日常茶飯事だよ。
ところで、必死になって就職先を探して内定をもらった人のほうが、社会人生活に満足することが多いそうだよ。
悩む前にまず行動。何でもトライして知識を吸収しながら就職活動を進めていってください。