Saturday, September 02, 2006

新卒の面接の準備

いちばん効果的な就職活動の勝ち方とは、どのようなものだと思う?
就職するには、誰でも新卒の履歴書を書くとは思いますが、ここで大きな差ができるのだよ。
では、あなたが新卒の履歴書を書くときに、是非とも気をつけておいたほうがいいこととは?
重要なのは意思表明で、「志望動機」項目で志望の裏づけまでしっかりと明示するということだよ。

苦労から得たもの、やってみて自分にプラスになったもの、そんな話題を自己PRで書かれていることを、企業の採用担当者は望んでいます。
就職活動における新卒の履歴書は、サラリーマンでいえば名刺、漫才師でいえば持ちネタ、焼き物職人であれば釜、と同様かそれ以上に自分を物語る役割を持っています。

あと、面接の準備は大丈夫ですか?新卒の履歴書が通ったからといって安心は禁物だよ。
面接官と気が合わないこともあって、そのときは絶望的になりがちだよ。
それでは、面接では、特にどんな点に気をつけたらよいのかな?
すなわち、面接での質問には企業ごとに千差万別の特徴があるので、事前に調査するということなんだよ。

そして、人気のある新卒の履歴書本の志望動機の例文は、他の志望者も使っている可能性が高いので、やめましょう。
新卒の履歴書などの就職関連の書類を書く前に、企業の様子や仕事の具体的な内容が分かるように、実際の会社の人と会うのもいいよね。話を聞くうちに本当にその企業での仕事が自分に合っているのかもわかるので、失敗しない就職/転職ができます。

数ある志望先の企業の中で、適職を探し出すことは、結構困難なことでしょう。
たとえ周りがどう言おうと、有意義な職場で働くことこそ、いい就職と呼べるのではないかな。
一生懸命にやってみても、いつまで経っても内定がもらえないということは稀なケースだよ。
しっかりとしたマインドをもって、強い意志を示せばきっと人事の人の心も動かせますので、諦めないでください。