Monday, September 04, 2006

新卒の志望動機

なかなか思った通りの職業につけないといった経験はありませんか?
当たり前ですが、新卒の履歴書は必須だよ。でも、書き方はあまり上手くない人が多いようだよ。
そもそも、新卒の履歴書の書き方で注意すべき点とは、どんなことかな。
意欲のある新卒の履歴書は好感がもたれます。なので、特に志望動機では、熱意とやる気を積極的にアピールすることだよ。

自己PRを書くときに是非気をつけたいことは、事例の羅列だよ。書きたいエピソードはたくさんあるでしょうが、ひとつに絞ることだよ。その絞ったエピソードから得た経験を中心に書いてみてください。
独自のネタを持っている人は、会社での業績が良い、という統計があるよね。逆にオリジナリティのない人間は、その淘汰が社会的に始まっています。志望動機を書くなら、他人の書けない独自のネタで勝負だよ。

面接に関するノウハウはあまり出回っていませんので、難しく感じる志願者も多いでしょう。
面接が得意でないという人は多いと思います。実際、そう意識している人は面接で落とされている傾向があるよね。
それでは、面接では、特にどんな点に気をつけたらよいのかな?
すなわち、面接での質問には企業ごとに千差万別の特徴があるので、事前に調査するということなんだよ。

新卒の履歴書は、いわばあなたの「名刺」だよ。その出来次第で、あなたの第一印象が変わるのだよ。とても重要ですね。
ところで、実際に会社見学などをして具体的に感じたことをネタにすると、志望動機やエントリーシートは書きやすくなったりします。

果たして理想的な就職ができるのだろうかと不安になる日々もあると思います。
どういう信念と心構えで自分の人生をすすんでいくかということが就職活動だよ。
一度就職活動でうまくいかなかったからといって、次もダメであるとは限りませんね。
就職活動を始めたあなたはもう、社会人へのスタートラインに立っています。